4月23日(土)セミナー「ビール純粋令とは?純粋令を取り巻く最近のドイツの状況」

今年はバイエルンでビール純粋令(Reinheitsgebot)が発布されてからちょうど500年となります。
ドイツではバイエルンをはじめ各地で様々な記念イベントが予定されています。

ビール純粋令というのは実際どのような法律だったのでしょうか?500年前から今までどのような推移を経て、現在はどのように捉えられているのでしょうか?
世界ではクラフトビールブームですが、これは純粋令がデフォルトのドイツでどのような動きを見せているのでしょうか?

ここ3年ほどドイツへ行ってビール関係者に話を聞いたり、様々なウェブサイト、SNSでの意見交換の様子を見て知ったこと、感じたこと、いろいろお話します。
多分日本ではあまり聞けないアンチ純粋令派の意見などもお伝えします。

話す人:
森本智子(ドイツ食品普及協会、ビアソムリエ)

場所:タンネ(〒151-0053 東京都 渋谷区代々木1-32-15)
参加費:3,600円(タンネさんのドイツビールセット付)
募集人数:最低10名様、40名様まで

参加ご希望の方はメールにてinfo@doitsushoku.com までお申込みください。

お待ちしております。