8月31日ドイツ食肉加工マイスターの豚談義&豚を食べまくる会

皆さんこんにちは!
香川県でソーセージ作りをしているグリュースゴットの冨田秀樹さんにお越しいただき、オリーブ豚を堪能する会を企画しました。冨田さんはドイツで修行された、食肉マイスターです。
豚のいろいろな部位をみんなでいただきます。昔は年に一度家畜を屠畜、解体、加工する時期があり、様々な部位を無駄にせず、ソーセージやハムその他加工していただいていました。この時にありがたく食べるのがSchlachtplatte(シュラハト・プラッテ、屠畜の皿の意味)というご馳走ですが、その一つであるSchweinfurter Schlachtschüsselを再現していただきます。
お肉やマイスターについてのお話もお聞きしましょう!

滅多にない機会ですので、どうぞ振るってご参加ください。

日時:2019年8月31日(土)19時~
場所:モリモトハウス
内容:オリーブ豚を使った肉料理とドイツワイン
前菜)レバーソーセージのカナッペ、ハムのリエット、ザワークラウトとピクルス
メイン)脂身の入ったバラ肉、肩ロース、赤身、内臓
ワイン)白・赤1種ずつ
募集人数:最低10名、20名様まで
参加費:4,500円
申込方法:こちらのリンクからお申込ください。
申込フォーム)https://schlachtfest310819.peatix.com

【キャンセルポリシー】
2日前キャンセル 100%
10日前 50%

冨田さんプロフィール:
ドイツで2年半、ドイツ・ハム工房にて無添加・有添加商品の製造、管理を行い、豚枝肉の解体から精肉業務全般まで手掛ける食肉加工マイスター
2008年に香川県にてグリュースゴットを立ち上げ、製菓職人の奥様と共に菓子製造業、飲食店業、惣菜製造業、食肉製品製造業を手掛ける。

皆さんのご参加お待ちしています!